ヨリタ歯科医院のクレド

アワ クレドは、私たち チームメンバーの信条 です。
メンバーの1人が 毎朝朝礼の時に1項目を読みあげ
それについてコメントします。

ご興味のあるあなたは
是非お読み頂きたいと思います。

1.

私たちは、アワ クレドに表現された 価値観 を受け入れます。
そして、アワ クレドに基づき判断、行動 します。
アワ クレドは、ヨリタ歯科クリニックの
チームメンバーの信条 です。

アワ クレドとは、ヨリタ歯科グループで働く者の、基本的な考え方 であり、
行動基準・判断基準・価値基準 です。
決して、マニュアルではありません。

マニュアルの方がより早く、正確にやるべきことを伝えられます。
しかし、マニュアルで育った人間 は応用が利かず、
あらゆることに指示が必要な 指示待ち人間 となります。

一方、基本的な考え方であるアワ クレドは、
今日、聞いて、今日、使える、といったものではありません。
何度も何度も 繰り返し聞き、口にし、考えることで、自然と身に付き
それに添って行動する ことができるようになります。

アワ クレドの考えを基に、自分で考え行動する
自立型人間 を育てるものであるところが、マニュアルとは 決定的に異なる所 です。

アワ クレドを受け入れることは、
ヨリタ歯科グループで働くための 唯一の条件 だと思います。
だから、それを受け入れられないという人はこのグループで働くべきではありません。

“アワ クレド”という 共通の価値観 を持ったメンバーが
“感動を与え続ける歯科医院”“感謝の言葉の溢れる歯科医院”
ワクワク楽しい歯科医院”というヴィジョンに向かうことが ヨリタ歯科グループのミッション です。

とは言っても、アワ クレドの全てを実践できている、
という聖人君主のような人はいないでしょう。
私はそれでもいいと思っています。

アワ クレドを自分たちのものとして受け入れることができ、
それを 目指そうという気持ち を持っている、ということが大切だと思います。

だから、あまり肩肘張らずに、
アワ クレドの通りにできていないからといって、自分や仲間を責めることなく
(それは、アワ クレドにもある“否定的な意見は言いません”や
他人の批判は言いません”にも反します)、
楽しみながら、アワ クレドを 自分たちのものにしていきたい と思っています。

<勤務医談>

2.

私たちは、変わることのない 医院理念 を尊重し、実践します。
当院のミッションは、患者様の心の健康につながる医院作り をすることです。
私たちの最高の幸せは、より多くの笑顔に出会うこと です。

心の健康 とは何でしょう?
私たち、ヨリタ歯科クリニックは 歯科医院 です。
だから、むし歯や歯周病といった 歯科疾患 を治します。

しかし、むし歯や歯周病を治すだけでは心の健康、とは言えません。
痛みや腫れ、といった、今ある困り事を治すだけではなく、
健康の増進(予防)につなげることで、
来院者の方がお口のことで困ることがなくなって欲しい。

しっかり噛めるようになることで、食事をおいしく食べる ことができ、
さらには 全身的に健康 になって欲しい。

また、おしゃべりを楽しんだり、笑顔に自信を持てるようになって
来院者の方の生活が豊か になって欲しい。
歯科医療を通じて、来院者の方の 豊かな生活に寄与すること を目指しています。

そして、来院時にも満足して頂き、ヨリタ歯科クリニックに来るのが楽しみ だ、
といってもらえるような医院作りを目指しています。

また、私たちはヨリタ歯科クリニックを
笑顔でいっぱいの歯科医院 にしたいと思っています。
笑顔は 周りにいる人を幸せに します。
そして、笑顔を作ることで、自分自身も幸せな気持ち になることができます。

同じ映像を普通の顔で見るのと、口角を上げて見るのとでは、
口角を上げて見る方が、脳が 楽しいと感じている、という実験を見たことがあります。
「笑う門には福きたる」 ということわざがありますが、
実際に笑顔でいることで、楽しいと感じる、ということが科学的にも証明 されているのですね。

心の健康につながる医院作りをし、より 多くの笑顔 に出会うために、
まず、私たち自身が 心身ともに健康で、常に笑顔でいることを心掛けます。

<勤務医談>

3.

私たちは、患者様に満足して頂けるよう、最大の努力 をします。
私たちの 使命 は、困り事があり、訪れた患者様が
再び患者様として、来院されないこと。
健康な人が、もっと健康になるため、来院して頂きたいと考えています。
このため、私たちは、常に 期待を超える一流のサポート をします。

患者という字は、「心に串が刺さっている者」と書きます。
字からして痛々しそうですね。

ヨリタ歯科クリニックは 歯科医院 なので、
歯が痛い、歯茎が腫れた、噛めない、何とかしてくれ!!
という所謂“患者様”がたくさん来ます。

しかし、ヨリタ歯科クリニックは
ただの歯科医院ではなく、“ワクワク楽しい歯科医院”です。

ほっぺたを押さえ、辛そうな顔をした患者様で溢れる医院ではありません。

きっかけは、そんな辛い患者様でも構いません。
でも、そのような患者様が 痛くなくなった、何でも噛めるようになった
といって、笑顔で通い続けてくれるような歯科医院 でありたいと思っています。

だから、私たちドクターは患者様の 困り事を確実に取り除き
二度と苦しまなくても良いように 治療技術を磨き
最新の知識 を常に学び、研鑽を積む必要が あります。

そして、それと同じくらい大切なことが、来院するのが苦痛でない。
いや、それでは不十分です。
来院するのが楽しみになるような場所 でなければいけません。

だから、ヨリタメンバーは、きちんとした対応清潔な医院
スマイル・アンド・コミュニケーション を、何より大切にします。

そのために私たちは 常に目標を持ち、学び続けます。

期待通りでは不十分。
期待を大きく超えること

ヨリタ歯科クリニックでないと絶対にダメ。
そんな強烈な ヨリタファン が一人でも増えるよう、
私たちは 最大限の努力 をし続けます。

<勤務医談>

4.

私たちは患者様に、
感動を与えるおもてなし をします。
初めは、小さなことから行い、
確実に実行できるようになれば
少しずつ、改善していきます。
私たちは、次に何ができるのか、
いつも考えています。
なぜなら、患者様のニーズと要求は、
常に変わる からです。
患者様の手助けをし、それが認められることは、
楽しく、やりがいのあること です。

ザ・リッツ・カールトン大阪 の元支配人
林田正光 さんはその著書
『リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと』の中で
リッツ・カールトンのスタッフは自分がとるべき 対応の基準
「お客様が満足するかどうか」で判断する。

それには
「一人ひとりのお客様に限りなく 関心をもち
パーソナルなサービスをする」精神が必要と言っています。

お客様、私たちで言えば 患者様 あるいは一緒に 働くメンバー
一人ひとり異なります
だから、何をもって満足するか もそれぞれに異なります。
それどころか、その時々によって同じ人でも変わったりします。

だから、常に相手に 興味、関心 をもち
何をすれば 喜んでもらえるだろうか、と考えなければいけません。

林田さんは同書で 心くばり とは
相手の心情 を十分に考慮したり、予測される事態 に対し万全の対処をすること」
気くばり
まちがいや失敗 のないように細かいところまで注意を行き届かせること」
気くばりは 最低限のマナー でありそれを超えた、愛のある 心くばり によって
深みのあるサービス を提供しなくてはいけないとも言っています。

それぞれに異なる患者様やメンバーが 何をもって喜ぶか を考える、というと
すごく難しいように感じますが患者様やメンバーを 本当に愛し
心から その人に喜んでもらいたい と思い続けることで
自然に出てくるものだと思います。

患者様や一緒に働いているメンバーの喜びを 自分の喜び と思える
そんな人でありたいと思っています。

<勤務医談>

5.

私たちは、少数精鋭の選ばれたメンバー です。
高度な治療技術最高のケア を提供します。
治療中の てきぱきとした動き や、優れた電話対応 を見て、
患者様は、私たちの医院を、判断します。
私たちは、言葉使い、立ち居振る舞い、顔の表情を含め、
患者様から、憧れられる人間 です。

患者様が初めて ヨリタ歯科クリニック に来られる時
まず、電話 を掛けてきます。

その時、不機嫌そうな声 が聞こえたり
言葉遣い が、あまり丁寧でなかったらどのように思うでしょう?

一番、最初の電話 から私たちは判断されます。

いくら声を作っても、言葉遣いが良くても
イライラ していたり、不機嫌 だったら電話でも伝わります。

電話の前に を置いて、笑顔で電話対応 をするように
指導している会社もあるといいます。

優れた電話対応 を受け、期待と不安を胸に
ヨリタ歯科クリニックに訪れた患者様が
スマイルクリエーター に迎えられます。

その時のスマイルクリエーターに 笑顔 がなかったら
患者様はどのように思うでしょう?

患者様の期待 は台無しです。

スマイルクリエーターの 最高の笑顔と丁寧な対応 で迎え入れられた患者様は
初診カウンセリング を受けます。

初診カウンセリングで話をあまり聴いて貰えなかったり
形だけのもの だったら、どう思うでしょう?

初診カウンセリングが終わり、診療室 に案内されます。
診療室で、メンバーが 無駄話 をしていたり、
だらだら としていたらどう思うでしょう?

スタッフの 気持ちの良い対応 を受け
すっかり リラックス気分 の患者様。
その時、ドクターが 高圧的な態度 だったり
乱暴な扱い をされたりするとどう思うでしょう?

すっかり満足した患者様が
会計の時に 不快な対応 をされたら、どう思うでしょう?

ヨリタメンバー、誰ひとり、どうでもいい人はいません。
メンバー全員が患者様に満足してもらおうと 最善を尽くす ことで
初めて、患者様に 満足してもらう ことができます。
直接患者様に接している人もそうでない人も含めてです。

サービスは掛け算 です。

一人でも マイナス がいると、すべてが台無しです。
しかし、一人ひとりが 最高のおもてなし をすると
何倍にも膨れ上がります。

一人ひとりが、持てる力 を存分に発揮し
患者様から 憧れられる存在 になった時
ヨリタ歯科クリニックは とんでもない力を発揮 します。
私たちには それができます

<勤務医談>

6.

私たちは 健康創造型医療 を実践します。
このため、むし歯や歯周病の原因論を、患者様へ分かりやすく
お話し、さまざまな形で 健康学習 をします。
カムカムクラブ(子供の歯を守る会)、スマイルクラブ(歯並び矯正)
カムカムフェスタ、 ウエルカムサロン(予防サロン)、
マザー教室、ミニマムインターベーション(最小限の介入)、
など、積極的に行ないます。
患者様が、少しでも 安らぎと心地よさ
実感して頂けるよう、誠意ある対応 を心がけます。
また、常に、チャレンジ精神 を持ち続けます。

私たち、ヨリタ歯科クリニックは
予防を中心 とした ワクワク楽しい歯科医院 です。

ただ単にむし歯を削って詰めるだけだと
また、新たにむし歯ができ、痛くなってから来院し、
削って詰めることを繰り返すだけです。

また、小さいむし歯は、削って詰めることにより
さらに むし歯になりやすい状態 を作ってしまいます。

むし歯を治すのと同時に
歯の磨き方 や、むし歯のでき方食習慣 などについて
写真やアニメーション を使って、患者様に分かりやすくお伝えし
二度とむし歯にならないような
お口の中の環境を作る ことに力を入れます。

性疾患である歯周病 についても同じことです。

そして、痛い所もなく辛い思いもせず、笑顔で来院 して頂きます。
悪いところがないことを確認し、きれいに お口のお掃除 をして
気持ちよく帰って頂く ことを目指しています。

私たちは患者様の辛そうなお顔や、不快な表情は見たくありません。
だから、患者さまがお口のケアをする お手伝いに全力を尽くす と共に、
院内にいる時間を 心地良く過ごして頂く 為に、対応にも 十分に配慮 します。

私たちは 来院日が楽しみになるような歯科医院 を作ります。

<勤務医談>

7.

私たちは、チームワーク を重視します。
そして仕事を通じ、共に 笑い喜び、理解し、
認め、励まし合います。
チームメンバーは尊敬できる友人 です。
ここで 知り合えたことに感謝 します。

人は一人では何もできません。
できる人はどんな偉業を成し遂げようとも
周りのひとのおかげ です、と言います。

一方、だめな人ほど
「自分がいなけりゃダメだ」というような事を言います。
そういう人は得てして、いない方が物事がうまく進みます。

実るほど頭を垂れる稲穂かな、といったところでしょうか。

話は逸れましたが、一人では何もできない人が集まります。
集まった人が憎しみ合い、いがみ合っていると
お互いに足を引っ張り合い、人数分の力も出すことができません。

では、集まった人が 尊敬し合い、認め合っている とどうでしょう?

人数分、それだけでは止まりません。
その 何倍もの力 を出すことができるでしょう。

だから、私たちは お互いのよい所を見付け合い
楽しい時には 共に喜び、辛い時には 共に励まし合える仲間 でいたいと思っています。

優れたチームワークの持つ力は無限 です。

そして、そんなチームワークの中に身を置くことで初めて
一人ひとりが成長 することできるのだと思います。

ヨリタ歯科クリニックに 最高のメンバー が集まっている事を、心から感謝 します。

<勤務医談>

8.

私たちは ヨリタ歯科クリニックの文化 を尊重します。
すなわち、全ての人に、親切で礼儀正しい態度 で接します。
いつも医院が 活気にあふれ、そこで働く私たちは、
やりがい、夢を持ち続けます
私たちは、心をキレイに保つため、医院を常に、清潔にします。
仕事を通じ、自己成長 を続けます。
まずは、仕事を楽しむ ことが、大切。
私たちは いつも文化に沿った判断行動 をします。

いつも言うことですが“人生は鏡”です。

親切で礼儀正しい態度 で接する相手には、普通 礼儀正しく対応 するものです。
私たちはどんな相手に対しても、親切で礼儀正しい態度 で接します。
そうすることで、私たちの周りにいる全ての人が 快適に感じ
廻り廻って私たちも 心地よく過ごす ことができます。

やりがいや夢のない仕事は単なる“作業”です。
一日のうち 最も長い時間 を私たちは仕事をして過ごします。
そんな長時間が単なる“作業”であるならば、人生の大きな損失 です。

夢ややりがいのある仕事 には、限りない可能性 が秘められています。
人が心に思い描くことは、諦めなければ 必ず実現 することが出来ます。

また、医院は私たちの 心の現れ です。
医院がキレイだと、心もきれい でいることが出来ます。
一方、医院が汚れていると、心まで荒んだ気持ちになってきます。

人は 仕事を通じてのみ成長 することができます。
夢をもって、楽しみながら仕事を通じて成長できると最高ですね。

<勤務医談>

9.

私たちは、患者様の ヘルスプロモーション を実践します。
ヘルスプロモーションとは、患者の皆様一人一人が
自らの健康をコントロールし、改善するプロセスです。
私たちは、患者様が健康の坂道を登り、
セルフケアの確立 ができるよう、お手伝いします。
最終のゴールは、健康ではなく、QOLの向上 です。

私たちが患者様と一緒にいる事ができる時間はほんの僅かです。

健康には プロフェッショナルケア も必要ですが
私たちが一緒にいる事ができる、わずかな時間だけで
患者様の 健康を維持 する事は困難です。

健康の維持には、プロフェッショナルケア だけでなく
セルフケア が欠かせません。

だから、私たちは一緒にいることのできない時にも
患者様が健康を損なうことがないように
セルフケアの方法 をお伝えしたり、確認 したり、アドバイス したり
さまざまな形でお手伝いをします。

そうやって、患者様がご自身の健康を
自分で保てるように なって欲しいと思っています。

健康とは、単に病気でない、ということではありません。
WHO憲章に定義 のある通り
肉体的、精神的、社会的に完全に良好な状態にあること」です。

そして、私たちは患者様が肉体的、精神的、社会的に
完全に良好な状態にあるだけでなく、そこから一歩進んで、
楽しみを見付けたり、生きがいを見付けたり して
より豊かな人生 を歩んでくれる事(QOLの向上)を願っています。

歯がきれいになった事で、おしゃれをしたくなった患者様
しっかり噛めるようになった事でご飯が楽しみになり6kgも太って、
とても いきいきとしだした患者様 がいましたね。

そんな患者様が一人でも増えることを心から願っています。

そのきっかけに、私たちが少しでも関わっていれば
こんなに幸せなこと はありませんね。

<勤務医談>

10.

私たちは、日々健康のすばらしさについて
患者様にお伝えし、一緒に学習します。
健康学習 では、患者様自ら“知ること”“感じること(気付き)”を
重視し、私たちは話し上手から聞き上手、返し上手になります。
健康学習では、患者様本人がどのようにとらえ、
感じているか、把握することが重要です。 

人から何かをやるように、と言われた時よりも
自分から何かをしよう、と思ってした時の方が、人は誰でも 気持ちよく楽しく できます。

私たちがいくら 歯磨きの重要性 を伝え、食後に必ず歯を磨くように伝えても
患者様が やりたい と思わなければしないでしょう。

かといって、やらない人は知りません。
歯が悪くなるのは、自分のせいです。
と言うのは歯科医院として、あまりにも無責任です。

私たちは、健康がいかに 素晴らしいものか
健康である事によって、いかに人生を楽しめるか、という 理想の姿 を提示します。
そして、患者様自ら 健康になりたい と思って貰えるように、導かなくてはいけません。

自分ばかりが話していてもいけません。
患者様の声に耳を傾ける ことが大切です。

患者様にとって、何が問題なのか
それについて、どう考えているのか
本当は どうなりたいのか
それを聴き出し、健康へ導く のが私たちの仕事です。

患者様が自ら気付き、健康になりたい と思い、
私たちの声に 耳を傾けてくれる ようになる。
そして セルフケアを進んでやる ようになる。
その結果、長きに渡って 健康を維持 することができる。

そうなってくれれば、最高 ですね。

簡単なことではありません。
でも、だからこそ、やりがい もありますね。

<勤務医談>

11.

私たちは、いつも、以下のことを心がけます。

大きな声 で、挨拶をします。
・否定的な意見は、言いません前向き に、物事を考えます)。
・与えられることではなく、与える ことに喜びを感じます。
他人の批判は言いません
・怒りを顔に出したり、周りに 振りまきません
・いつも、感謝の気持ち を持ちます(ありがとう の一言を添えます)。
・自分の非を認めて、素直に謝ります
・嫌なことがあっても、プラス発想で解決 します。

この項目はすごいです。
みんながこのクレドにあることを心掛ければ うまくいかない組織はない でしょう。

大抵の人はこのクレドにあることを
頭では理解できても、実践できていない のではないでしょうか?

何故できないのか?

それは、自分はこのように心掛けているのに、相手はそうではない。
自分だけがしているのは損だ
その様に考えてしまうからではないでしょうか?

例えば、1つ目にある“大きな声で挨拶します。

私は 大きな声で挨拶 しているのに、あの人はしてくれない。
バカみたいだから、もう止めよう
そう思ってしまっているのではないでしょうか?

相手が全然応えてくれないのにやり続けるのは
確かにエネルギーのいることです。

でも、それは、“相手に何かを求めている”ということではないでしょうか?
3つ目の項目“与えられることではなく与えることに喜びを感じます”に反します。

いつも言うように“人生は鏡です
相手が応えてくれなくても 挫けずやり続ける
そのうち、相手も応えてくれる のではないでしょうか?

他人を変えることはできません。
自分が 実践し続ける姿 を見せ続け、何かを感じてもらうことしかできません。

それでも、何も感じてくれない人だったら、それでもいいじゃないですか。
可哀想な人だと思えばいいのです。
自分は そんな人でなくて良かった と思えばいいのです。

私たちがこのクレドにあることを 常に心掛ける ことで
私たちの 周りにいる人たちに良い影響 を与えていきましょう。

周りにいる人たちが私たちから 何かを感じ
同じように考えてくれる ようになれば、私たちは ますます幸せ になります。

人に 与えようとする人 の周りには、与えようとする人 が集まります。
人に何かを求めてばかりの人の周りには、求めようとする人しか集まりません。

結局、与えようとする人は どんどん与えられ
求めようとばかりする人には 何も与えられません
皮肉なものですね。

<勤務医談>

12.

私たちは、「できない」「分からない」と
諦めるのではなく、アプローチを変えて、対応します。
「こうすればできる」と発想を変えます。
できる方法は、必ずあります。私たちには、無限の可能性 があります。

このクレドを読んでまず思い出すのは、あまりにも有名な エジソンの話

電球を発明しようとしていたエジソンは、何度も何度も 失敗を繰り返して いました。
何回かは忘れましたが、たぶん 1000回くらい やってみて
やっと、電球を作ることに成功 したそうです。

はたから見れば、ただの失敗の繰り返し
でも、当のエジソンは、失敗するたびに
また一つ、うまくいかない方法を発見した!!
と言っていたそうです。

完全にいかれていますね。

でも、そんなエジソンがいたおかげで
私たちは 明かりのある生活 をすることができています。

私たちは1度や2度失敗した位で、簡単に諦めてしまいがちです。

エジソンのような偉大な人ですら、何度も失敗を繰り返してきた。
私たちが1度や2度の失敗でうまくいくはずがありませんね。

成功するための方法はただ一つ。
成功するまで諦めないこと
諦めなければ、必ず成功する。とも言われます。

大事なのは、自分は成功するんだと信じ込む こと。
自分ですら、信じることができないのに、成功するはずないですからね。

私も、4年程勤めた会社を辞め
大学の 歯学部を受験 した時には、確かに不安もありました。
でも、何故か 絶対に受かる、と信じて疑いませんでした。
結果 岡山大学 に受かり、現在、歯科医師 として働いています。

自分を信じる事の大切さ、諦めないことの大切さを、本当に実感しました。

最後にモーターの世界シェア第一位のメーカー
日本電産の永森重信さん の言葉で締めます。

「『ノー』の連発からは何も生まれない。
すぐやる』『必ずやる』『できるまでやる』という、
常に前向きな姿勢 を持ってこそ、すばらしい成果 が待っている」

<勤務医談>

13.

私たちは、異論、感情的な行き違いがある時、
直接、本人に話します
その際、言葉遣いに気をつけます
人の嫌いな面が、見えたとき、
自分の嫌いな面を教えてくれる、シグナル です。
あらゆる面で、チームメンバーの良い点を見つけ、
ねぎらう ようにします。
人生は鏡です許すことと愛すること を、そこから学びます。

私たちは 千差万別の人の集まり です。
だから、考え方も様々 です。
様々な考え方があるからこそ 多様性も出て面白い し、
異なる考えを持った人 から学ぶこともあります。

自分にとって受け入れがたい考えをしている人がいる時には
何故そのように考えるのか を話し合うべきです。
しかし、それは相手を言い負かしてやろう、というような理由ではなく、
お互いに より良く理解し合おう、という理由からです。

クレドに基づく 根本的な考え方を共有 している限り
多様性はあれども 理解はし合えるはず です。

あなたが、相手のことを好感を持って 見ている時
大抵、相手も あなたに好感を抱いて います。

逆に、嫌な人だ、と思っている時には
大抵、相手もあなたのことをいいようには思っていません。

どんな人にも必ず、いい所と悪い所 はあります。
人の悪い所ばかりが目に付く人は不幸です。
相手もあなたの悪い所を見ようとするでしょう。

でも、あなたが 人の良い所ばかり見よう としていると
きっと、あなたの周りの人も、あなたの良い所 を見てくれるでしょう。

悪い所、というのは目に付きやすいもの。
だから、最初は 意識的 にでも構いません。
無理にでも良い所を探そうとしてみて下さい。
そのうち、自然に良い所に目が行く ようになります。

そうなった時には、あなたの周りにはきっと、お互いのことを愛し合い
ねぎらい合える最高の仲間 が集まっていることでしょう。

他人にばかり求めるのではなく
まず、あなたが 人の良い所 を探しましょうね。

<勤務医談>

14.

私たちは、問題が起こったときに 喜びます
問題のない組織は、成長が止まってしまうからです。
私たちは、すばやく 問題を解決します。特にクレームは、全員で解決し、
翌日まで、持ち越さないようにします。
ピンチをチャンスに変える。私たちには、できます。

問題があると言うことは
逆に言えば、今よりもっと良くなれる、という事です。
問題を見つける能力 がある、ということは素晴らしいことなのです。

満足をした時に成長は止まります。
自分が今、どのような立場であれ、状況であれ、何かしらの改善点 はあるはずです。

問題がないということは 改善や成長の余地 がない、という事なのです。

事実は一つ、解釈は無数 です。
同じ事実から、何かを 学び改善し、成長できる人
ただ何となく、やりすごす人
悪いように考え、落ち込んでしまう人。

一つの事実でも、その対応は 人によって様々 です。

コップに水が半分入っている時に
もう半分しかない と考えるのか、まだ半分もある と考えるのか。
それは、全く個人の自由 なのです。

今ある事実を 前向きに捉え、もっともっと成長していきましょう。

そういう意味で、クレーム非常にありがたいもの です。
私たちの 問題点を教えてくれている のですから。

私たちに期待をして下さり、もっと良くなって欲しい と思うからこそ
クレームになっているのです。
本当に嫌なら、何も言わずに、他の医院に行ってしまいます。

クレームがあった時、私もやっぱり落ち込みます。
でも、ただ落ち込んでいるだけでは意味がありません。
クレームを 全力で改善 することで、私たちは もっと成長 でき
もっと、来院者の皆様から愛される医院 となることができるのです。

ピンチをチャンスに変えるには、何事にも感謝 し、
プラス思考で考える ことが大切です。

言いにくいクレームを言って下さって ありがとう
自分の悪い所を指摘してくれて ありがとう
それを改善することで、私はもっと 大きな人間 になれます。

難しいことではありますが
そのように 考えることのできる人だけが成長 できるのではないでしょうか?

私達には、それができます。

<勤務医談>

15.

私たちは、頻繁にチームメンバーと、ミーティング を行ないます。
ミーティング を通じ、より 良い方向に改善 していきます。
私たちは、変化することを楽しみます。
また、楽しみながら、成長していきます

私たちはそれぞれ 個性を持った個人の集まり です。
アワクレド という基本の考え方を共有しながらも
様々な意見や考え方 を持っています。

また、各人が 様々な考え を持ち、それを出し合う事により
一人では思い付かなかった アイデアや方向性 が出てきます。

それを出し合う場が ミーティング です。

ミーティングでは、お互いのことを尊重 し、
相手の意見 に耳を傾ける姿勢を持ちながら
積極的に 自分の意見 も発表して下さい。
活発な議論 を交わしましょう。

そこでは、先輩・後輩、年齢差、男女差
ドクター、衛生士、健康プロモーター、スマイルクリエーター といった職種
そんなものは一切、関係がありません。

新人 だからこそ気付く視点、出てくる アイデア
長いこと働いて初めて身に付く 考え方
ある 職種 だから気付くこと。

みんなが活発に意見を出し合うことで
お互いの考え方や 意見の幅 を広げることができます。

現状を維持 しているという事は
進歩 していない、あるいは 退化 している、という事です。

必ずしもうまくいかないかもしれませんが
みんなで意見を出し合い
今より、ちょっとでも 良くしよう改善しよう と、チャレンジし続ける 事。
失敗しても諦めずに、違う方法を考え
トライ・アンド・エラー を繰り返す事。

そうすることによってのみ、前に進んでいくことができます。

一歩一歩は小さく、地味な改善 に見えるかも知れませんが
そうやって歩み続けることで
いつの日かふと振り返ったときに
大きく成長した自分 に気付くことでしょう。

<勤務医談>

16.

私たちは、自分で 判断できる能力(リーダーシップ)を持ちます。
院長に「どうすればいいですか?」と聞くのは、新人スタッフです。
私たちは、「このようにしたい。その理由は…」と言います。

どうすればいいですか?」と聞いている人は、
いつまで経っても、人にやり方を聞き続けなくてはなりません。

自分で考えず、常に人に答えを求める人は、考える習慣 が付かず、
何かあれば 人に聞けばよい、という思考回路になるからです。

最初から ベストな答え が出るとは限りません。
しかし、考えに考え、出した結論 がベストでなくとも
それは無駄にはなりません。

考え抜いた末に、自分よりも 経験豊富な人 に聴いた時
そのように考えれば良かったのか」と気付き
次から考える時に影響が出てきます。

何も考えずに最初から聞いていれば、そのような 気付き は得られません。

そうやって、思考錯誤 を繰り返し、気付きを得ていく度に
しっかりとした考え方 が身に付いていくものです。

そして、しっかりとした考えが身に付いた人は
思いもよらぬ事態が起きても
それまでの 経験や考え方 を応用して
うまく切り抜ける ことができるでしょう。

経験豊富な人が反対に
新人の フレッシュな視点先入観のない考え
気付かされることもあります。

魚を常に 人から貰っている人
その人がいなくなれば 食料を失います

魚の釣り方を人から 教わろうとしている人
教えてくれる人がいなくなっても 食料を得ることができます

私たちは 魚の釣り方を学び、自立できる人間 になりましょう。

そして 自分で考え行動できる人間 になっても
全ての人の 意見に耳を傾ける ことのできる人になりましょう。

常に謙虚で、満足せず、全ての事から 学ぼうとする人の成長
決して 止まることがありません

<勤務医談>

17.

私たちは、積極的に 自らの目標 を具体化し、
メンバーの前で、発表します
そして、紙に書いて いつも目の届く所に、貼っておきます。
また、再確認をし、進行状況をチェックします
これは、人生を豊かにするため、最も 重要な習慣です
さらに私たちは、個々の存在価値 を明確にし、
その価値を高めるため、常に努力します
私はここで何ができるのか、また何がしたいのか、
何を要求されているのか、常に意識します

自分が欲しいものを分かっていない人は
その欲しいものを手に入れることができません。

だから、私たちは 自分が何を求めているのか
何を欲しているのか を時間を割いてでも考えます。

自分の 目標を明確 にし、それに 期限をつける ことで
その目標が 達成する可能性 は格段に上がります。

そして、自分が何を欲しているのかを、周囲の人にも公言 します。

そうすることによって
周りのメンバーからの サポートを得る ことができます。
また、他のメンバーの目標を知る事で
その メンバーの力になる こともできます。

お互いがサポートし合うことにより、目標の達成 は、また近付きます。

目標を常に意識 するために
常に 見える所に貼ったり、毎朝 朝礼で黙読 します。

潜在意識 にまで刷り込むことで
無意識の内に 目標達成に向けた行動 を取ります。

ただ、何となく日々を過ごしていても、何も得ることはできません。

私たちは常に 目標を意識 し、お互いにサポート し合うことで
目標を達成していきます。

そうやって、人間として成長することのできる場 でありたいと思います。

<勤務医談>

18.

私たちは、スマイル アンド コミュニケーション を大切にします。
笑顔は、楽しいから出るのではありません。
笑顔を作ることで、楽しくなる のです。
コミュニケーションは、笑顔のあいさつから始まります。
私たちは、どんなときでも スマイル アンド コミュニケーション
忘れることは、ありません。 

「笑顔は楽しいから出るのではありません。
笑顔を作ることで楽しくなる のです。」

このフレーズは、私がクレドの中で 最もよく引用するフレーズ です。

笑顔の人と接して嫌な思いをする人はいません。
笑顔の人には、つい笑顔を返してしまうし、対応もよくなります

結果、笑顔の人はいい思いばかりして、より笑顔 になります。

一方、しかめっ面の人には
周りの人も笑顔になれず、対応も悪くなるでしょう。
時には喧嘩になることもあるかもしれません。

そして、しかめっ面の人は嫌な思いばかりして
ますます、しかめっ面になります。

同じお笑いのビデオを笑顔で見るのと、真顔で見るのでは、
笑顔で見ている方が 脳は楽しいと感じている
という実験を見たことがあります。

また、笑うことで、免疫力がアップ するという報告もあります。

笑う門には福来る」と言いますが、
科学的にも証明 されているのですね。

私たちは 常に笑顔でいる ことを心掛けます。

そうすることで、私たちの 周りにいる人も笑顔 になります。

笑顔の人を周りにたくさん作りましょう。
そして、もっともっと楽しくなりますます笑顔 になりましょう。

ヨリタ歯科クリニックは、笑顔の発信源 であり続けます。

<勤務医談>

19.

私たちは、患者様を 心からおもてなし する
魔法の言葉”を、使います。
「ようこそ、お越し下さいました」
「私たちに、お任せ下さい
「あなたの思いを、お聞かせ下さい
「頑張って頂いて、本当に 有難うございます
言葉は、癒しです。
そして、自分自身 にも声がけします。
明るく、たのしく、個性的に、やさしく、かっこよく
私たちは、いつも輝いています。

言葉の持つ力 は、すごいです。
これらの 魔法の言葉 を、毎朝鏡の前で呪文のように唱えるだけで
みるみる、元気が出ます

信じる、信じない、やる、やらないは あなた次第
信じる心やり続ける心素直な心 をお持ちのあなたなら
その効果が、実感出来るハズ。

言霊(ことだま)、という言葉があります。
心(たましい)を込めて、言葉を発すると
それ自体に、意味を持つ ようになります。

そして、自らの意思 で行動出来るようになるのです。
私たちは 魔法の言葉、これからも使い続けます。

<院長談>

20.

私たちは、アワ クレド を受け入れられない場合、上司に相談します。
上司は、メンバーの要望に、誠実に耳を傾けます
ベストな選択のため、一緒に考えます
ただし、ミッションに対する妥協はしません

最後までお読み頂き、有難うございます。

私たちは、毎朝 メンバー全員で読み合わせ を行っています。
やっていることは、どんな組織でも出来る ありふれたこと

しかしこの 当たり前のこと を、大切なこと だと思いやり続けることで、
大きな結果 になって表れてくるのです。

何故、それを やり続けるのか
何のために、それをやるのか
その意味合いを一人一人が考え、そして真面目に コツコツ実行すること
これが、一番大切 であると思っています。

アワクレドの読み合わせ は、マイゴールの実現 のため。
そう、マズローの5段階欲求 の最上位に位置する
自己表現 のための、一つのステップに過ぎないのです。

大きな目標を実現するには、日々の たゆまない小さな努力
いつも自分を冷静に見つめ直す、ほんの 1分間の時間 が必要なのです。

是非あなたも アワクレド を使い、自己表現していきましょう。

<院長談>

ヨリタ歯科クリニック
東大阪スマイル矯正歯科センター